isao/yamanaka/ 3月 27, 2019/ レビュー, 仕事のこと/ 0 comments

新橋「CONCENT(コンセント)」はノマドの味方

新橋駅
先日、友人に会うために新橋に行くことになりました。どうせ外出するなら少し早めに出て、いつもと違う雰囲気の中で仕事をしてくるか!と一念発起(それぐらいパワーが必要)。

山中(@saosaoyamayama)のエンジン、ほんっと動かないんですよ。仕事部屋の居心地が良すぎて。それにつきましては別途記事にしたいと思っています。

ちょうど1週間ほど前に資料として購入した「concent@cafe」という本が手元にあったので、新橋付近にある「電源&Wifiが使える駅チカ・カフェ」を調べてみたところ、ニュー新橋ビルの中に名の知れたカフェがありました。それが「CONCENT」です。

 コンセント CONCENT 
コンセント CONCENT
https://cafe-concent.owst.jp
新橋のダイニングバー・バル、コンセント CONCENTのホームページです。お店の基本情報やおすすめ料理の「貸切はお一人様4000円~とリーズナブルご人数やお時間などお気軽にご相談ください。」「<CONCENT 2時間飲み放題付きコース>Aコース3500円orBコース4500円」...

カフェ「CONCENT」が見つからない

ニュー新橋ビル

ニュー新橋ビルの3Fにある、ということは事前情報で仕入れていましたから、完全に舐めてかかっていました。あれでしょ、ショッピングモールだって真ん中の吹き抜けを中心にグルっと回れば大体のお店が把握できるでしょ?ってな具合に舐めてました。

ビルの通路の走行を知っておこう

迷路

SL広場側の入り口からビルに入ると右手にエスカレーターがあります。それを使って3Fへ。小さな居酒屋からマッサージ店、古めかしいおもちゃ屋さんだのゲーセンだのがとにかくズラリと並んでいる昔ながらのビルです。目が合ったら声かけられそうという自意識過剰な山中はひたすら前を向いて歩いていきました。

途中、曲がり角発見。何気なく曲がってみるとエレベーター。エレベーター……うおーん、なにそれ聞いてない。似たようなお店がいくつも並んでおり、かなりの数のお店を通り過ぎたもののCONCENTが見つかりません。

どうやらエレベーターやお手洗いを中心として通路が伸びていて、周囲をぐるっと囲むように通路があって、という形のようですが全貌が明らかになりませんでした。ホームページもないんだよね……。事前に調べていったほうが不安にも挙動不審にもなりません。

SL広場と真反対!

SL広場

結局、SL広場側のエスカレーターとは対角線に位置する場所にCONCENTがありました。平日の昼過ぎ、通路を歩く人はなく、しかしカフェの中は7割ほど席が埋まっていました。

「それっぽい人に着いていけばたどり着ける」という安易な考え方は捨て、野生の嗅覚でお店を探すか、事前調査をしておくことをおすすめします。

想像と違う!CONCENTの客層

ビジネスマン

ご紹介した「concent@cafe」という本を見ると、紹介されているカフェがひたすらオシャレで、「CONCENT」もきっと若いノマドワーカーがラテアートを施したカフェラテを飲みながら仕事をしているのだろう、という想像しかありませんでした。若いノマドワーカーっていうのはそうだなあ、25歳〜30代前半のイメージです。

しかーし!お店に入ってみて驚いたのは、「THE新橋サラリーマン・プロトタイプ」みたいな人が多いことです。ねえ、すぐそばにオフィスあるんじゃないの?そろそろ戻ったら?って思ってしまうぐらい、スーツを着た方が沢山いました。

スーツを着ている方全てがサラリーマンという誤解ではありませんよ。あしからず。

もちろん山中が想像していた年齢層のお客さんもいました。でも割合は低いです。また、1人で作業している方が多いのではないかと予想していましたが、仕事仲間との打ち合わせをしている方もいましたね。

「カフェ」ではありますが「コワーキングスペース」「シェアオフィス」の印象を強く受けました。そういう時間帯、というのもありますね。

ノマドワーカー向け情報は少ない印象の公式サイト

カフェ

「CONCENT」の公式サイトをご覧になればわかると思いますが、カフェです。カフェ・レストランです。美味しい料理の写真やコース料理の案内が沢山掲載されています。

確かに「ノマドワーカーさんにも最適ですよ」という記載はあるものの、それを売りにしている感じではないのです。

ドリンクバー付き!料金とサービスについて知っておこう

ドリンクバー

受付では、食事の利用があるか質問されました。「いや、ええと、ドリンク程度で……」というよく分からない答え方をしたところ、時間課金制で1時間500円ですというひどくあっさりとした説明を受けました。お好きな席にどうぞ〜とのこと。

着席してPCを出したりなんだりしていて気づきます。ドリンクバーがある?!もしかしてこれはドリンクを別途頼むカフェ形式ではなく、いわゆる漫画喫茶形式なのでは?!

しかし店内にそうした案内が貼られているわけではありません。隣の女性に訊いたほうがいい?いやあ、そういうのできないタイプ……。店員さんが注文を取りに来る気配はないので、フリードリンク制の線が濃厚になってきました。

そうです、CONCENTは11:00〜18:00まで1時間500円の時間課金制でドリンクバー付きです。公式サイトの下の方に書いてありました。

会員になると結構お得かも!しかし案内はされない

時は金なり

会員登録をすると(登録料100円)会員料金で利用できます。1時間450円、2時間650円、と利用時間が長くなるとお得に利用できるそうです。

しかし、その案内はされませんでした……。利用回数が多くなりそうな方は会員になったほうが良さそうですね〜。会員になりたいですって言ってみてくださいね〜。

CONCENTの居心地や使い心地は?

しっかり仕事はしましたよ!というわけで、仕事をしてみて感じたことをいくつか。

照明の暗さと客層が「落ち着く」

シェアオフィス

元気ハツラツなパキッと明るい照明が好みな方にはおすすめできませんが、少し薄暗いぐらいがちょうど良いとお考えの方には最適です。山中はこれぐらいが好きです。手元が見えにくいような暗さではありません。

またお客さんがワチャワチャしていないので、とても落ち着いた雰囲気です。うるさい人はいないし、かといって息を潜めないと狙撃されるような静けさでもありません。神経質な方でなければちょうど良い静けさではないでしょうか。

ワークスペースやパーソナルスペースも十分

ワークスペース

今回山中が座ったのは1人席。実際は2人席なのでしょうけれど椅子は1つでした。というわけで隣のテーブルとはある程度距離がありますし、MacBook12インチは余裕で置けます。でもその横に手帳を置くのは厳しかったですね。

相席型のテーブルもありましたが、見た感じギュウギュウの印象はありませんでした。都心のコワーキングスペースの何が嫌って、相席型テーブルの距離のなさなんですよね。CONCENTはそこそこ距離感を保って仕事ができそうでしたよ。

電源は全席に。もちろんWiFiも完備です。

何気に嬉しいカゴも完備

カゴ

そうそう、荷物の置き場所に困ってしまうこともありませんでした。しっかりカゴが用意されていましたよ。

山中は常にバッグハンバーを携帯しているのですが、1〜2人用テーブルにバッグハンガーを使って荷物を掛けると、膝がカバンと常にぶつかっている状態になってしまって、ふとした拍子に蹴り落としてしまう事案が頻繁に発生しています。

あれ、これは私だけかな?

また利用したい!新橋「CONCENT」

今回思いつきでお店に行ったのですが、紹介したいぐらい居心地が良かったので記事にしました。しかし撮影機材は持っていませんでしたし、そもそも撮影OKかどうかも分からなかったので写真はあくまでもイメージです!

次回利用する際は、店内をご紹介できたらいいなあと思っています。

WEBメディアマネージャー・エディター・フォトライター・臨床検査技師。

デジカメワールドの認定フォトグラファー。

執筆依頼は随時受け付けています。

 

LIKE:カメラ・文房具・小説執筆・ハンドメイド・猫
DISLIKE:料理・掃除・人付き合い

               

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*