• Reading time:1 mins read

家族共用のMac miniにLightroom6永続版を入れたのが2017年のこと。

2018年にMacbookをメイン機として購入して、Lightroom6も当然インストールしました。

2020年にMac mini 2018に乗り換え。Luminar4とLightroom6で現像環境をレベルアップするつもりで、メモリは16GBに増設。

ここでタイトル回収。

Lightroom6永続ライセンス版がインストールできません。ダウンロードすらできません。

2020年に一度は諦めたものの、今になってどうしてもLightroom6が必要になり、足掻いています。

パープルフリンジ撲滅運動のアジテーターLightroom6

とあるフォトストックの審査を受けるにあたって、既存の写真にてこ入れをしていたんですね。

絞り開放こそ正義みたいな人間だったことは後悔しています。そのせいでフリンジだらけの写真が結構あります。

現在現像の主軸としているLuminar4にもフリンジ除去機能がありますが、まぁ、全然足りない。私のフリンジを舐めるな!

Lightroom6とLuminar4を比べたとき、Luminar4がどうしても勝てないのはフリンジ除去機能なんです。

現像ビギナー(今もそうですけど)だったとき、Lightroomのフリンジ除去にとにかく驚いた……。

審査に出す写真となると、やっぱり紫や緑の縁取りは気になるもの。AirDropでMacbookにRAWごと送ってフリンジ消して戻しているわけですが。

めんどくさい。フリンジ気にせずFカツカツで撮影したヤツ、許さん……。

というわけで、どうしてもメイン機にLightroom6を入れたいんです。

Amazon Software Downloaderが職務放棄


Amazonでダウンロード購入したので、Amazonから再ダウンロードできます。

ダウンロードボタンを押して、落ちてくるダウンローダーのファイル名の頭にわざわざ「販売終了」って書いてあるのがいちいち腹立ちません?立ちませんね、ええ。

これを展開すると、Amazon software downloaderが立ち上がってLightroom6のダウンロードを開始します。が、開始するねって言ってフォルダを作るだけで中身を入れません。

サボっていることに気付かれないように、エラーも吐かないまま「ダウンロードしています」って言い続けます。

リモートワークで「マウス動かしていますよソフト」使っている人みたいですよね。

今のところダウンロードすらできません(以前はできたと記憶)。

Adobeはサポート終了、ダウンロードもさせない徹底ぶり

Lightroom6の公式サポートは終了していますが、終了後もAdobeのサイトからLightroom6がダウンロードできたようです。

Amazon経由の購入でも、シリアルさえあればコッチが使えたのだとか。

現在はリンクが消えており「Lightroom6?何それ何時代の土器?」みたいな感じです。

つまり「もうみんなサブスクリプションに移行して毎月1,078円払おうよ!お手頃価格でしょ?アハァン?」って言っています。

1年間で12,936円ですよ。Lightroom6永続版は17,000円でした。大概にせぇよ、Adobe💢

M1 Mac登場で諦めムード

AdobeのソフトはM1 Macに割と素早く対応していたような気がします。さすがだよねって思いました。

だから今M1 MacにLightroom6が入らないっていうのは、今後も入らないっていう理解です。

Lightroom6ユーザーでM1 Macに乗り換えた方は「まあそんな気がしたけどね」と大人の対応。

個人的に、IntelMacでLightroom6が再インストールできたら、M1 Mac購入は見送るつもりでした。

でも、できない。もちろんM1 Macでもできない。

Lightroom6のことは忘れてM1に乗り換えて、LuminarNeoのリリースを待ちますわ(M1もNeoも購入済み)。

Luminar Neo — Brand-New Product Preorder!

Luminar Neo — Brand-New Product Preorder!

Preorder Now and Get the Best Price! Luminar Neo is a Creative Image Editor That Brings Your Ideas to Life and Helps You Develop Faster as a Photographer!

PENTAX純正ソフトにも撥ねられる

フリンジ除去だけで考えたらLightroom6以外にも選択肢があるのでは?と思い、カメラ純正現像ソフトをインストールしてみることに。

PENTAXの場合、SILKYPIXでおなじみ市川ラボラトリーの「Digital Camera Utility」です。

これもまた、うまくいかない。光学ドライブでギリギリ認識するんですが、そのままじゃインストールできない。

イメージ作成もできない。コマンド叩いてみたけれどうまくいきませんでした。

RAW現像ソフト SILKYPIX

RAW現像ソフト SILKYPIX

SILKYPIXシリーズはデジタルカメラで撮影された「RAWデータ」を高画質に編集し、美しい写真に仕上げる事のできる純国産の「RAW現像ソフト」です。カメラメーカー各社のRAWデータ650機種以上に対応しており、多くのプロカメラマンや写真愛好家から支持されています。

過去の自分を捨てなさい

きじひき高原より


そういうことですね。絞り開放で撮りまくった自分を捨てて、新たな歴史を刻めってことですよ。

過去に撮った写真でラクせず、撮りに行けと。足を使えと。

あるいはAdobeにお布施しなさい、と。いや、それだけは断る。

Adobe StockのコントリビューターはLightroom無料とか、やってくれないかな……。

RawTherapeeでもうひと足掻きしてみます。

Home

S.Nakayama

一帖半執筆工房代表。 WEBコンサル・マーケ企業のフリーランスPMとして計9サイトの運営を指揮。DigitalCameraWorldの認定フォトグラファー。 WEBプロデューサー、編集者、ライターとしても活動中。

コメントを残す