• Reading time:1 mins read

ついでに持っていけるKP

みかん

PENTAX KP(50mm, 1/3000sec, f/1.8, ISO200)

美味しそうに撮れました!

少年野球のイベント案内をコーチの家2軒に届けてくる用事。

そうだ、カメラ持っていこう!

PENTAX KPも50mm単焦点レンズも「ついでに」「気軽に」持ち出せるのが嬉しいですね。

私は女性だからまだいいけれど、tamron28-300mmをつけたカメラ持ってぶらぶらしてたら、わりと危ない人扱いされかねない。

今日も元気に絞りド開放

と書きましたが、ホントにこれは指グセです。暗いレンズばかり使っていた弊害です。フリンジが出るから絞れとあれほど言ったのに。殴ってください、今すぐに。

結果良ければ全て良し。Exif情報伏せてりゃバレない。伏せてないし。

どちらがお好み?

散歩道

PENTAX KP(50m, 1/350sec, f/1.8, ISO 200)

散歩道

PENTAX KP(50m, 1/500sec, f/1.8, ISO 200)

焦点を合わせている部分が明るいと、シャッタースピードを早くできる。当たり前なのか。でも身をもって納得。
丘へ上る斜面を横切る細い道です。

こういった構図では、手前にピントを置いて撮ることが非常に多いのですが、ピントを奥にしてみたらこれはこれでいいかもしれない。敷石が真っ直ぐになるように撮らなかったのが悔やまれる!

左は先がぼやけている分、道が長く見える?

青と白と黄と緑

白い花

PENTAX KP(50mm, 1/6000, f/1.8, ISO 200)

近所の小さなお寺に咲いていた花。

道から2mぐらい高い位置にある小さな墓地なのですが、青空とお花を綺麗に撮りたくて苦戦し、結局は手すりが沢山入りこんでしまいました。

でもお花の色形は綺麗に出てくれたかな。朝陽があたって綺麗でした。

冬は赤い花が恋しい

小花

PENTAX KP(50mm, 1/1500sec, f/1.8, ISO200)

さきほどのお花に至る坂道に咲いていた花。

ポインセチアは花ではないけれど、あの赤い色を見ると「冬だな〜」と思うわけです。こちらのお花はとても小ぶりですが、赤い花を見ると「冬だな〜」と思うわけです。よくわからない感覚。

手のひらをかざすとほんのりと暖かいような気がします。

いや、それは言いすぎだ。

カラスに連れ去られないで

みかん

PENTAX KP(50mm, 1/2000sec, f/1.8, ISO 200)

これはみかん?ではないな。大きいので伊予柑?トップに置いた写真と同じ果物です。

向こう側にマンションがあるので青空とともに写すことができず、無念!凄く美味しそうな色つやでした。カラスが持っていっちゃうんですよね。

散歩が捗る

自宅で仕事をするようになってから、以前にもまして出不精気味です。

でもPENTAX KPと50mm単焦点レンズの組み合わせは持ち出しやすくて、何かと理由をつけて外に出たくなります。

いや、それでも寒いわ。寒い。

ブログデザインについて悩む今日このごろ

このブログ、写真が多くなってきたのでブログデザインを変更したいな……なんて思っています。昨日一度変更しているのですが。

サイドバーをなくして写真をデカデカと貼るか、だけど雑記ブログなのできれいな写真ばかりではないし。でも画像は都度大きさを変更する方法がわかったので、問題ないか。

もうひとつ、今まで貼り付けてきた記事の写真がどう変化してしまうか分からない。どうでもいい画像が超巨大になってしまったら、この世から消えたくなる。それをひとつひとつ修正していくか?するなら今のうちか……

でも憧れるんですよ、皆様がブログ記事の一番始めに大きな綺麗な写真を貼っているあのインパクトに!

試行錯誤してみます。

S.Nakayama

一帖半執筆工房代表。 WEBコンサル・マーケ企業のフリーランスPMとして計9サイトの運営を指揮。DigitalCameraWorldの認定フォトグラファー。 WEBプロデューサー、編集者、ライターとしても活動中。

コメントを残す