• Reading time:23 mins read

毎年文房具をメインにした福袋を買っている私(@saosaoyamayama)です。

もちろん今年も何かしら購入しようと思っています。楽天市場を中心にパトロールした結果、既にカートに入れた福袋が1つ。迷っているもの複数。そして毎年恒例ペンハウスさんの福袋は情報解禁待ち

ということで、現時点で「お気に入り」に入れている福袋の中から、文房具・雑貨が好きな方におすすめしたい福袋を4つピックアップしてみたので共有します。

中身に対する所感はあくまで私個人のものなので、鵜呑みせず、実際に商品情報を見てご判断くださいませ。

※本記事はアフィリエイトサービスを利用しています。

Quaint Design|ガッカリさせない福袋

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

「適当に福袋検索してリンク引っ張ってきただけ」と思われそうなので言っておきますが、こちらの福袋は購入したことがありますー!

紹介したくないレベルで大満足でした。質・量ともに満足。

「ステーショナリー福袋」というより、雑貨屋さんの福袋の印象が強いですね。

全体的に落ち着いた色味・デザインなので、ターゲットは大人層だと思います。ディズニーキャラの商品も入っていましたが、クラシカルな絵柄なので仕事場で使ってもまず問題ないでしょうね。

Quaint Designの福袋の推し点
  • 大人が使って恥ずかしくないデザイン
  • 単価が高いのでお得感が高い
  • どれも安っぽさがない
Quaint Designの福袋の微妙な点
  • 商品例の画像が更新されないのでリピしにくい
  • 「毎年できない」割に口コミは毎年投下されている
  • カバー・ポーチ・ケースに偏る傾向?

「コルクのブックカバー」だと思ったら、中に分厚い文庫本みたいな無地ノートが挟まっていてビックリしました。

あと、ループが付いた書類ケース! MacBook Airケースとして使おうと画策しており、クッションは購入してあります。次は「やる気」を買わなければ。

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

こんなにベタ褒めしているけれど、買ったのは1回きり。リピートしない理由は、私の手元に届いたセットと「セット一例」の写真が丸っきり同じだからです。

丸っきり同じ中身が届きそうでためらっています。「丸っきり同じだ」と判断できるぐらい、セット一例にウソがないってことですね。

大抵どのお店でも、福袋に入れる商品は残り物・在庫処分品です。でもQuaint Designの商品は今まであまり買わなかったデザイン系統だったので、手持ちのグッズ類と被らないのが良かったです。

一般的な「ザ・文房具」のような無機質デザインだと手持ちの物資と被りやすいし、逆に海外色強めの強烈デザインだと使いどころに困る。

特にこれを感じたのが「ポーチ」です。当たり障りないデザインでもなく強烈なデザインでもなく、誰かと被る確率も低い。「撥水」とか「汚れにくい」などの機能性は低いかもしれませんが、大人になるとそうそう汚さないし、汚れる前に「飽き」が来て買い替えるんですよ、絶対(偏見)。

私が買った当初は口コミがなく、かなり博打的に購入しましたが、現在は結構口コミが付いています。商品の写真をアップしている方もいるので、それらも参考にしながら購入を検討してくださいねー!

Gute Gouter|オリジナル福袋(大本命)

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

※2024年1月2日追記

買いました。レビューしました。

Gute Gouterさんのオリジナル福袋です。ツガという針葉樹を使った道具箱が入っています。

今のところ大本命かもしれない。

既にカートに入れています。

文具系福袋の中では「割と高級な万年筆入り」レベルの価格でしょうか。執筆時点で14,500円でした。20,960円相当のものが入っているようなので、お得度としてはミドルローってところかな。

Gute Gouterの福袋の推し点
  • 箱が入っている
  • ガンガン使えそうな万年筆がフルセット
  • 斜め上のデザインにワクワクする
Gute Gouterの福袋の微妙な点
  • 紙モノは使わずに終わる予感
  • 紙モノは場合によっては使う場所を選ぶ
  • 他の福袋に比べてお得感は薄い

ラインナップが公開されているので、ご紹介。

お道具箱
ツガ
MidriのMD万年筆&ボトルセット
コンバーターもカートリッジも付属
レターセット
メモカード
倉敷意匠
おすそわけ袋
ポチ袋ってやつ
シール
マッチ箱に入ったフレークシール?でこちらも倉敷意匠
カード
箱に入った倉敷意匠のカード(裏に文字書いたりするんかな)
カップ
商品名「脱ぎたて毛皮カップ(ネコ)」でネコの胸から下の磁器カップ(超絶シュール
ダブルガーゼハンカチ
倉敷意匠

食指動くじゃないですか!

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

まず欲しいなと思ったのがツガのお道具箱でした。

見た感じ、あんまりたくさん収納できませんが、最近低迷気味だった物欲を満たすには十分な「欲しい度」です。

というか、最近になってプラスチックの安っぽい箱やカゴを捨てたくて仕方ないんですよね……。

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

それと今年は万年筆目当てで福袋を買わない、と心に決めています。

しかしこの福袋は万年筆目当てじゃないからいいんです。許します、OK。

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

そしてコレっすね。何なのこれ、ほんと素晴らしい。

「脱ぎたて毛皮カップ(ネコ)」なんだけど、ぱっと見で「ネコだ」ってわかるでしょ?っていう強者の考え方、相当ヤバくないですか。

毛皮脱いだら大抵の四足歩行動物同じじゃないですか?

スフィンクスとウチで飼っていたネコの「脱ぎたて毛皮カップ」は見分け付かない

エルコミューン|ステーショナリー福袋

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

センスの塊みたいなステーショナリー福袋を発見してしまいました。刺さる人には刺さりますね。私は「全部」とはいわずとも、数点グサグサ刺さっています。

ステーショナリー福袋の推し点
  • マウスパッドのデザインとバリエーション
  • MATOKAの手帳は使ったことがないので気になる
  • お得度はかなり高い
ステーショナリー福袋の微妙な点
  • 小花柄無双になるとツラい
  • フラットケースの透明部分が惜しい
  • ノートとマステは使わずに終わりそう

執筆時点のお値段は2,200円で、セット内容はステーショナリーと雑貨合わせて10点。5,000円相当だそうです。

ペンケース
箔押しの薄型タイプ
フラットケース
前面が透明なのは残念でならない
レターセット
文庫本サイズの厚みがあるものが送れるレターセットって珍しい
ボールペン
タオルハンカチ
今治ですよ
マウスパッド
デザインが刺さった
メモパッド
ノート
マスキングテープ
手帳(10月始まり)
「MAROKA|マトカ」のもの

個人的に小花柄はあまり使わないんですが、それを差し引いても刺さったものがあります。それがマウスパッドです。

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

何で土偶とかメジェドとかを使うの、マウスパッドに💢

他にもちょっと首傾げているフクロウ? とか、敷物みたいに広がったトラとかとにかくデザインが秀逸です。リス以外ならアタリと判断するかな〜。

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

フラットケースについては、前面が透明なのはちょっと惜しい。

フラットは中身が見えにくいから透明なほうが使い勝手がいいんだろうなとは思います。私はあの「ペタペタ」感がダメです……。

だけどメジェドが呼んでいる……。

マスキングテープは小花柄確定なのかな? と思います。ノートは他にも柄があるようで、手帳もパッと見た限りでは結構秀逸なデザインが期待できそうです。

商品ページの画像をご確認あれ。

学研ステイフル|スタディプラン 文具パック

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

このセットを知った時「なんて画期的な……」って思いましたね。購入には至っていませんが、気になって「お気に入り」に入れていました。福袋ではなく通年販売なんでしょうか?

ターゲットは少々ピンポイントかもしれません。

スタディプラン文具パックの推し点
  • お得すぎて学研の先行きが不安になるレベル
  • 学研産なのにデザインが悪くない
  • 1セットで手帳3冊分楽しめる
スタディプラン文具パックの微妙な点
  • カウントダウンカレンダーは多分使わない
  • TODO付せんも多分使わない
  • どれもしっくりこなかったときのガッカリ感を想像するだけで泣ける

「スタディ」なので学生さんのお勉強プランニングに役立つのは当然ですね。最初に計画を立てて毎日振り返って翌日に生かす、みたいな自主学習が身に付いている人は楽しめると思います。

それとタスク管理の面でめちゃくちゃ優秀な文具セットなので、アナログ好きの社会人もガンガン使えるはずです。

しかーし! それよりもおすすめしたい人が「自分に合う手帳が見つからない人」なんですよね。価格の安さ(執筆時点)をフル活用して冒険してみませんか。

ノート2冊で3タイプの手帳が試せるんですよ、奥さん!

ツインスタディプランノート for 100days
月間&週間バーチカル?っぽい上下セパレート
ウィークリープランノート
週間レフト式(左が週間で右がTODO)

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

上下セパレートの手帳はかなり普及したもののメジャー領域には達していないので、試してみたいけれど失敗したくない……な方も多いと思います。

100日分とのことなので、お試しにはピッタリではないでしょうか。

画像クリックで楽天市場商品ページに遷移します

こちらは週間レフトですね。A5サイズの週間レフトだと、右のスペースが結構広いですね。

今まで小さめの手帳を使っていた方は、週間レフトA5で新たな道が開けるかもしれません。

A5サイズって、持ち歩きが苦にならないコンパクトさと筆記スペースの広さを両立していて私は大好きです。A5サイズを規定した昔の人を全力で褒めたいです。

ちなみにセット価格は1,320円(執筆時点)です。ツインスタディプランナー単体で通常価格1,760円なので、プランナー1冊買うよりセットで2冊買った方がお得って……。

TODO付せんはTODO関係なく使えると思いますが、カウントダウンカレンダーは人によるかな……というのが率直な感想です。

一年の計は福袋にあり

オロビアンコのボールペン
ペンハウスさんの福袋に入っていたオロビアンコのボールペン

福袋を買うことで向こう一年のプランニングが捗る、という古から伝わる言葉を見出しに付けました。

最近の福袋は中身が見えるものが多く、失敗のリスクが少ない代わりにワクワク感が目減りしています。

やっぱりペンハウスさんのような「メインディッシュは教えるけれど前菜やフルーツはナイショ」みたいな福袋は貴重ですね。

その点でいうと、Quaint Designさんの福袋は完全ブラインドなので、ワクワク感はかなりあります。ただ、そのワクワクが向こう一年を良いものにするか否かは、わかりません。自己責任でお願いしまーす!

ひとまずGute Gouterさんの福袋は買ったので、レビュー置いておきます。

S.Nakayama

一帖半執筆工房代表。 WEBコンサル・マーケ企業のフリーランスPMとして計9サイトの運営を指揮。DigitalCameraWorldの認定フォトグラファー。 現在は2社5メディアの進行管理をしながら文章校閲・校正者・ライターとしても活動中。