• Reading time:1 mins read

新年も万年筆と共に

あけましておめでとうございますには随分日にちが経過してしまいました。
昨年から大きな波がやってきた「万年筆」。今年も色々と研究していこうと思っています。
とりあえず「謹賀新年」の書き比べをしたのでね。

色が飛んじゃってるからね……。

右から日経ウーマン付録の万年筆、ラミーサファリ、ハイエースネオ、英雄万年筆です。

インクは右から色彩雫松露、天色、冬柿、文具館コバヤシの静岡茶です。

相変らず字は下手糞です。

それでね、奇跡的に日記を書き続けています。博文館の縦書きの日記帳を買いました、我慢できなかった。

 

縦書きなんです。毎日書いてると、漢字を美しく書くポイントとか、文字のバランスとかがつかめてくる気がする。

気がするだけ。気がするだけだから何も変わってないのね。

でもでもでも、年賀状の数枚は手書きで宛名を書きました。

そして新年らしい話題がひとつ。ペンハウスの福袋を買いました。

世界の筆記具ペンハウス

万年筆・ボールペンから手帳・メモ帳、机上製品に至るまで海外・国内のステーショナリーが勢揃い。ペンハウスはステーショナリーグッズを安心してお買い上げいただけるインターネットオンラインショップです。

3種類あったんですが、ラミーサファリが必ず1本入っているというものを買いました。まだ届いてません。届いたらこちらで報告したいと思っております。

開封レビューはこちら!

S.Nakayama

一帖半執筆工房代表。 WEBコンサル・マーケ企業のフリーランスPMとして計9サイトの運営を指揮。DigitalCameraWorldの認定フォトグラファー。 WEBプロデューサー、編集者、ライターとしても活動中。

コメントを残す